子育て
子育てについて
教育について
保育園・教育機関紹介
子育て情報
芦北町の子育て情報を随時公開いたします。
妊婦
事業名:特定不妊治療費助成事業  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:本町に住所を有する夫婦
概 要:熊本県特定不妊治療費助成事業による助成の承認を受けた者に対して、特定不妊治療費から県事業による助成金額を控除した額の7割を助成します。
(控除後の治療費の3割が自己負担になります。ただし、自己負担の限度額は35,400円です。)
対象年齢、通算助成回数等については、県事業に準じます。
事業名:出産育児一時金  担当課:住民生活課 医療年金係,その他健康保険加入先
対象者:各健康保険被保険者
概 要:加入している健康保険から1児につき出産育児一時金として42万円が支給されます。
【問合せ先】詳しくは、健康保険の加入先にお尋ねください。
事業名:家庭訪問(妊産婦・乳幼児)  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:乳幼児
概 要:自宅を訪問し、体重測定や育児相談などを行います。
気になることや相談したいこと、また、病院などとの連絡調整もできますのでお気軽にご相談ください。
事業名:妊婦健康診査助成事業  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:本町に住所を有する妊婦
概 要:妊娠中の母体の健康維持と胎児の健やかな発育を促すため、妊婦健康診査(14回分)の費用を助成します。
妊娠届出等の際に、妊婦健康診査受診票を交付しています。
事業名:妊婦歯科健康診査助成事業  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:本町に住所を有する妊婦
概 要:町内歯科医院で歯科健診及びブラッシング指導に係る費用を妊娠中1回、全額助成します。
妊娠届出等の際に、妊婦歯科健康診査受診券を交付します。
事業名:新米パパママ教室  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:本町に住所を有する妊婦及び家族
概 要:安心して出産・子育てができるよう、出産までの生活全般と出産後の赤ちゃんの育て方について新米パパママ教室を実施しています。
①及び②について、2日コース(1回90分)または1日コース(150分)を選択できます。
①妊娠・出産の経過、妊娠中の過ごし方、妊娠中の栄養、妊婦疑似体験(父親)
②沐浴実習、赤ちゃんの成長
参加費無料。
乳幼児
事業名:乳幼児健診事業  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:乳幼児
概 要:赤ちゃんの健康状態を確認するため、発育・栄養状態の確認、先天的な病気の有無・早期発見、予防接種の時期や種類の確認などを行います。
実施回数 4回(3~4ヵ月児健診、7~8ヵ月児健診、1歳6ヵ月児健診、3歳児健診)
事業名:幼児フッ化物塗布事業  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:本町に住所を有する幼児
概 要:むし歯予防として、フッ化物塗布及び歯科健診に係る費用を全額助成します。
・1歳から3歳までの期間に5回実施
・7~8か月児健診時に、幼児フッ化物塗布受診票綴を交付し、3回分は町内歯科医院で塗布、2回分は1歳6か月児健診、3歳児健診時に実施します。
事業名:離乳食教室  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:本町に住所を有する生後4か月~6か月の乳児の保護者及び家族
概 要:子どもの健やかな成長のために、離乳食の必要性、開始時期、進め方、薄味と素材の味を大切にすることなどについて、講話と調理実習を行います。
偶数月に開催。
参加費無料。
事業名:ブックスタート事業  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:本町に住所を有する生後7か月~8か月の乳児の保護者
概 要:赤ちゃんの「絵本読み」と保護者の「読み聞かせ」について、ポイントを紹介します。
7~8か月児健診時に実施しています。
絵本1冊プレゼント。
事業名:子育てサークル「デコポンキッズ」  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:生後6か月~3・4歳の乳幼児と保護者及び家族
概 要:芦北での楽しい子育てを目指したサークル。
出入り自由、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんの参加も大歓迎。
毎週木曜日の10:00~12:00、きずなの里で実施。
参加費無料。
※子育て支援料理教室など一部実費負担をいただくものもあります。
事業名:子育て支援センター  担当課:福祉課 児童家庭福祉係
対象者:就学前の乳幼児とその保護者
概 要:保護者の負担軽減を目的に、子育てに関する相談や楽しく遊べる場を提供します。
【利用日】月曜日~金曜日(祝日は除く)
【利用時間】午前9時30分~12時、午後2時45分~5時15分
【利用料金】無料
【必要なもの】着替え、おむつ、ミルクなど
【利用方法】事前の申し込みは不要です。
【問合せ先】田浦保育園(℡0966-87-0034)、淳光育児園(0966-82-3559)
子供
事業名:保育料軽減  担当課:福祉課 児童家庭福祉係
対象者:
概 要:所得水準に応じて国が定める保育料を4割程度軽減しています。
更に、同時入所等の場合は、第2子は半額、第3子は無料となります。
事業名:延長保育  担当課:福祉課 児童家庭福祉係
対象者:
概 要:保育時間を延長してお子さんを保育します。
標準保育 7時~18時
延長保育 7時~18時30分
※保育園により朝の延長を行う施設もあります。
事業名:一時預かり事業  担当課:福祉課 児童家庭福祉係
対象者:就学前の乳幼児とその保護者
概 要:保護者の急用(仕事・傷病等)により、家庭で保育できなくなった場合や育児疲れ軽減のために、一時的に保育園で乳幼児を預かります。
【利用日】日曜日、祝日および12月29日から翌年の1月3日までの日を除く毎日
【利用時間】午前8時30分~午後5時15分
【利用料金】児童1人につき 4時間未満:1,000円、4時間以上:2,000円
【実施保育園】
 田浦保育園(℡0966-87-0034)、吉尾保育園(℡0966-83-0368)、淳光育児園(0966-82-3559)
 湯浦保育園(℡0966-86-0202)、芦北保育園(℡0966-82-3044)
【利用方法】それぞれの保育園へ直接申込書を提出してください。
※申込書はそれぞれの保育園にあります。印鑑が必要です。
事業名:学童保育(放課後児童健全育成事業)  担当課:福祉課 児童家庭福祉係
対象者:保護者が就労等により、昼間家庭にいない小学生
概 要:授業終了後等に、適切な遊び及び生活の場を提供する学童保育を実施しています。
【実施保育園】田浦保育園(℡87-0034)、育児園すくすく(℡82-2214)、淳光育児園(82-3559)
【保育時間】学校登校日(月曜日~金曜日):学校終了後~午後6時
       土曜日、長期休暇(夏休み,冬休み,学年末・始休業日):午前8時~午後6時
【保育料】それぞれの保育園にお問い合わせください。
【申込方法】実施している保育園に直接申し込んでください。
事業名:放課後子ども教室  担当課:生涯学習課 生涯学習係
対象者:佐敷小学校1~3年生、湯浦小学校全校生
概 要:放課後に学校の空き教室を利用して、学習や創作などの様々な体験、地域住民との交流等を行います。
【開催日】火曜、木曜日
【利用時間】 15時~17時15分
事業名:学校支援地域本部  担当課:生涯学習課 生涯学習係
対象者:田浦中学校区の小学生、中学生
概 要:学校と地域が連携し、地域全体で学校教育をサポートしています。
①学校支援(テストの丸付けや各種実習支援)、②安全支援(登下校の見守りや声かけ、校外学習の付添)、③環境整備支援、④心支援(読み聞かせ)等を行っています。
事業名:子ども医療費助成事業  担当課:福祉課 児童家庭福祉係
対象者:子ども(18歳到達年度まで)
概 要:子どもの健康と子育て支援のため、医療費(一部負担金)を全額助成しています。
事業名:ひとり親家庭等医療費助成事業  担当課:福祉課 児童家庭福祉係
対象者:ひとり親等家庭
概 要:ひとり親家庭等の父又は母及び児童の健康を保持し、就業による経済的自立と家庭生活の安定に寄与するため母子家庭の医療費の2/3を助成しています。
事業名:子どものインフルエンザ予防接種事業  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:本町に住所を有する子ども(生後6か月以上18歳到達年度まで)
概 要:町内医療機関でインフルエンザ予防接種をする場合は、接種料金(4,500円)を全額助成します。
①生後6か月から13歳未満は2回まで助成。
②13歳以上18歳到達年度までは1回助成。
(ただし、婚姻している人または社会保険各法による被保険者で勤労学生以外の人は対象外)
事業名:児童手当  担当課:福祉課 児童家庭福祉係
対象者:芦北町に住所を有し、中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童・生徒を養育されている人
概 要:子育て家庭の負担軽減を目的として、中学生までの児童・生徒を養育している人に児童手当を支給します。(所得額により支給額が変動する場合があります。)
支給額
 3歳未満 一律15,000円
 3歳以上小学校修了前 第1子・2子 10,000円、第3子以降15,000円
 中学生 一律10,000円
事業名:児童扶養手当  担当課:福祉課 児童家庭福祉係
対象者:父母の離婚等により、父または母と生計を同じくしていない児童を養育しているひとり親家庭等
概 要:児童扶養手当は、ひとり親家庭や、父母がいないため父母以外の方が子どもを養育する場合などに、子どもを養育する家庭の安定と自立を支援し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給されます。
事業名:フッ化物洗口等事業  担当課:住民生活課 保健センター
対象者:町内保育施設に在園する幼児及び町内小中学校に就学する児童生徒
概 要:むし歯予防のため、保育施設、小中学校で実施するフッ化物洗口に係る費用を全額助成します。
3歳児はフッ化物イオンスプレー塗布。
4、5歳児は週5回法で実施。フッ化物洗口練習会あり。
小中学校は週1回法で実施。小学4年生、中学1年生は年1回の歯科保健指導あり。